ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > スキー

‘スキー’ カテゴリーのアーカイブ

ニセコは春スキー!

2010 年 5 月 4 日 火曜日

ニセコは春スキー!

 

 

ニセコ・グランHIRAFUの1000m大地からの羊蹄山です!

 

ニセコに春スキーに行ってきました。

 

気温が平年より低いためか、残雪3mあるということで滑走には問題はありませんでした。

 

通常なら残雪が少なく、雪のあるところを滑走するのですが、多い!

 

日ごろのジョギングの効果があり、足腰が強靭になってスキーもOK!

 

まだまだ若者には負けません!

 

天候も晴れ!山頂は霧がかかりやすく晴れたと思いきや霧で見えなくなることも。

 

しかし、数分後には青空です。

 

気分爽快でスキーを楽しんできました。

最新サロモンのカービング・スキーとブーツ

2010 年 2 月 14 日 日曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のサロモンのスキー板EQUIPE(エキップ) 24 HOURS +Z12とブーツFALCON XR CS JP【ファルコン XR カスタムシェル JP】です。

 

カービング・スキーの板になってから歳月が経ちますが、よりターンがしやすく、どんな雪質にも安定したターン、スピードのコントロールがしやすく、プロ・スキーヤーからも絶賛のこのモデルです。

 

アルペン競技用ではありませんが、基礎スキーやデモ戦でも非常に評価の高いものです。

 

カービングの板が世に出てから基礎スキーのターンの概念が変化しました。以前のパラレル、ウエデルンといったターンの用語もあまり使用しなくなりました。

 

ターン時において、ずらすスキーから切るスキーへ、エッジからエッジへの切り替え、大回り・小回りのターンへ、道具の進歩は確実に乗り方もシュプールの描き方も変わりました。

 

或る意味、用具が滑走を変えました。ブーツの進歩もより確実にパワーの伝達のためインナーソールが足の形状に合うようにされています。昔みたくホーミング剤を注入するのではなく自然にインナーが足の形状に合うようになります。

 

またビンディングも確実に板にパワーを伝達するように、その板専用ビンディングがマッチングするように開発されております。

 

スキー人口が減り、スノーボードがゲレンデを占める割合が多くなりました。最近はスノー・ボーダーも減少しています。しかし、ウインタースポーツ、特にスキーの魅力は、用具の進歩により、技術力をカバーしてくれ新感覚の滑走方法が可能、より楽しくより楽によりスピーディに滑りを体験できるようになりました。

 

是非、再びスキーの楽しさを感じたいと思います。映画「私をスキーに連れてって!」世代の私は今日、トマムへ行ってきます!