ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 食の安全

‘食の安全’ カテゴリーのアーカイブ

山田豊文さん 講演セミナーに参加してみました

2010 年 9 月 6 日 月曜日

山田豊文さん 講演セミナーに参加してみました

 

 

先日、KPMI 杏林予防医学研究所所長 山田豊文さんのセミナー

(山田強運塾というセミナー名でした)に参加する機会がありました。

 

常識となっていますカルシウムの摂取一番の牛乳は、かえって骨粗鬆症をまねくとか

リノール酸という油はコルステロール予防に良いとされてきましたが

細胞質を硬化するので心筋梗塞や動脈硬化をもたらし、

動物性脂肪のバターより植物性脂肪のマーガリンが良いとされてきたことは誤りであり

(マーガリンはプラスチックに近い分子構造 マーガリンを食べることはプラスチックを食べること)

ケーキやクッキー、パンに使用されているショートニングといった食品添加物も健康を損ね

10年前からアメリカ・ニューヨークでは使用規制法が成立、

含有量を告知することが決められ、罰則があるほど厳しいものらしいです。

 

私たちの身の回りには、添加物や化合物が食品に添加されているものが溢れており

日々の食生活においてナチュラルなものを選んで行くことが健康のために良いのでしょうが

非常に困難です。

 

ファースト・プラン=解毒(デトックス)=体のリフレッシュを定期的にすることが

健康を維持するには必要な時代。

単なる断食から科学的な断食へと、非常に説得力のあるセミナーでした。

 

元日ハムの新庄選手や現役のダルビッシュ選手、

ゴルフの横峯さくら選手といった一流のアスリート達が

山田先生の指導のもと体質改善をして素晴らしい成績を残しているのが実証されています。

断食はデトックス作用=解毒があるのですね。

私もトライして体質改善、幸運をもたらすファスティングを試みたいと思いました。

どんな油を調理に使用してますか?

2010 年 3 月 17 日 水曜日

どんな油を調理に使用してますか?

 

最近、読んだ本「山田豊文 著」には、オメガ3のオイルが身体の健康に良いと書いてありましたし、

 

HPを見ていると「食用油、オイル」に関する情報が多いです。

 
特に、オメガ3を多く含む「有機 亜麻仁油 - FLUX OIL フラックスオイル」がすごく良いらしいです。

 

では、今までにどんな油を摂っていたでしょうか?

 
■油の種類・分類
私たちが普段摂取している油(脂肪)はこのように分類されます。

 

 

■植物油の脂肪酸組織
植物油といっても その脂肪酸の構成比はかなり違います.

 

 

■脂肪の通信簿
それぞれの脂肪の特徴は、このような図に表されます。

 

 

■現実と理想
油の摂取についてのポイントは、【オメガ3】と【オメガ6】 
この比率が問題点です!

         理想は、1:2  ・・・しかし ・・・

 

オメガ3

オメガ6

 

理想の摂取量

1

2

現代人の食事

1

10-50

フラックスオイル

4

1

紅花油

0

75

コーン油

0

59

オリーブ油

0

8

キャノーラ油

1

4

肉類(鶏・豚・牛)

0

0

 (以上資料は、Natural Station ウェンディー・ママ から引用)

 オメガ6の油をひかえ、フラックスオイル(亜麻仁油)を摂取することで

 
 

この比率を理想値に近づけることができます!
 
 

 
同じ、フラックスオイルでも冷温圧搾工程のもの、
 
 
 
保存のため光を100%遮断できる容器に入っているものが良いようです。
 
 
 
さらに保存料や防腐剤など化学薬品は
 
 
 
 
一切使用していないものも良いでしょう!! 
 

 
フリーラジカルの発生源となるトランス型異変脂肪を一切含まない、
 
 
 
自然型の安全なシス型脂肪酸100%。
 
 
 
無精製NO-トランス認定マークのついたオイルを
 
 
 

私は使用しています。
 

 

マーガリンなどと違い、化学精製をせず、素材からそのまま低温で絞った

 

自然界に存在するオイルですので安心で体に優しいオイルです。)

 
その効果は、  
 
 

アレルギー症状を改善したい
美肌を保ちたい
動脈硬化、コレステロールが気になる
関節炎でお悩みの方
腸の調子が気になる方
吹き出物や湿疹が気になる方
乾燥肌やフケでお悩みの方
肌の老化を感じる方
健康な血管やサラサラな血液を意識される方

 

に抜群に効果があります!!
 

 

 効果的な摂取の仕方は、

 
栄養補助食品として1日大人で大さじ2杯(大さじ1杯/約14g)ドレッシングとして
 

 

また直前の料理に加えます。

 

また、オメガ-3脂肪酸は熱に弱いため、加熱調理しないことです。

 
リリグナン繊維分が沈殿していますので、必ず良く振って使います。
 
 
 
私たちの脳は、そのほとんどが「油」でできています。
 
 
 
良い油の摂取は、脳に直接影響してきます。
 
 
 
このフラックスオイルを摂るようになってから、
 
 
 
頭が冴え、記憶力も良くなり、集中力が蘇ってきました。
 
 
驚きのオイルです。
 
 
 
ただ他のオイルとの併用は、良いオイルの効果がが駆逐されますので
 
 
 
オメガ3を熱処理しないで摂り、オメガ9(オリーブオイル)
 
 
 
は加熱OKですので、炒めものに使います。
 
 
 
オメガ6は、あえて摂りません。
 
 
 
外食すればたいていの食事には含まれているからです。
 
 
 
大人より、発育盛りの子供の食事に、オイルに関してもっと心がけてください。
 
「勉強しなさい」と言うよりもっと効果的に学力が上がるはずです。

 

 

 

 

決め手は油! 頭がよくなる脳内デトックス (山田豊文著 青春出版社 )

2010 年 3 月 11 日 木曜日

決め手は油! 頭がよくなる脳内デトックス (山田豊文著 青春出版社 )

 

 
 
山田豊文さんの先月出版されました新刊です。
 
 
脳の60%は「油」でできており、 頭の良さを左右する脳の機能は、
 
 
マーガリンや乳製品、ハンバーグといった
 
 
食べ物に含まれる油を変えることで飛躍的にアップすると著者は述べています。
 
 
子どもの知能を高め、大人の脳を活性化させる山田式食事法が述べられています。
 
 
「植物性の油はヘルシー」、
 
 
「甘い物=脳のエネルギー」、
 
 
「カルシウムはたくさんとることが大事」
 
 
私たちは学校給食で当たり前のように上記の食事をしてきました。
 
 
その“常識”が実は頭を悪くしていたと著者は述べています。
 
 
特に油に関しては、アメリカやヨーロッパではすでに「トランス脂肪」「ショートニング」
 
 
といったマーガリンやお菓子に含まれている化学合成添加物は、
 
 
含有率が無か数パーセントのみしか許可されてなく、それに比べ日本では、
 
 
規制は全くないのです。
 
 
脳はほとんどが油でできているので、頭脳を明晰に保つためには、
 
 
オイルは不可欠です。
 
 
しかし、工業製品である化学合成でできたオイル(たとえば、マーガリンなど)
 
 
を取ると悪影響を受けるそうです。
 
 
摂取して良いオイルは、オメガ3である「フラックスオイル」や
 
 
オメガ9の「オリーブオイル」(加熱しても酸化しにくい)ということです。
 
 
そこで「オメガ3を含むフラックスオイル」を毎日
 
 
スプーン一杯取るようにしてみました。
 
 
本当に信じられませんが、2・3日後から確かに、頭の回転や記憶力、
 
 
そして集中力が蘇ってきたのには大変驚きました!
 
 
「腸のデトックス」ばかりでなく「脳のデトックス」がこれからは必要な時代なのでしょう!
 
 

「病気になりたくない人はこうしなさい!」

2010 年 3 月 7 日 日曜日

杏林予防医学研究所所長 山田豊文 著

「病気になりたくない人はこうしなさい!」 

 

 

山田豊文著のこの本は、非常にわかりやすく食の安全に関して的確なアドバイスがなされています。

 

私たちの身の回りには、たくさんの添加物や

 

自然状態とかけ離れた工業用化学合成品の混入された食品がいかに多くあり

 

それを知らずに食べていることが、多くの疾病を招いている事をあらためて知りました。

 

その昔、小学生のころ「バター」より植物性の「マーガリン」が良いとか、

 

牛乳などの乳製品はカルシュームを取るのに非常に良いとか、

 

「特保」指定の「エコナ」オイルが、成人病の予防に良い油だとか、

 

手軽に安くておいしいハンバーガーなどのファーストフードを何度も利用したり、

 

100%ジュースは体に良いので、毎日飲んでいたとか、

 

養殖された魚介類は安全だと思っていたこと、

 

この本を読み、誤りであり、身体に悪影響を及ぼし、

 

癌やアトピー皮膚炎などの病気の原因の一つであることを知りました。

 

私たち消費者は、お店で買う食品について、いろいろな情報を入手してより安全なものを選ぶことでしか

 

今のところ対応できません。

 

欧米では使用禁止となっている食品添加物を、今後日本でも早く規制してほしいものです。

 

最近、お店では「食品添加物は使用していません」という表示がみられるようになってきました。

 

このような本がたくさん出版され読まれることで、早く安全な食品を購入できるようになってほしいです。

発行食品にひそむ知恵(無印良品より)

2010 年 2 月 25 日 木曜日

 

発酵食品にひそむ知恵

 

脳味噌、手前味噌、泣き味噌、弱味噌、鬼味噌、糠味噌女房、味噌っかす、味噌がつく、味噌が腐る……日本には、味噌のつく言葉がたくさんあります。

 

味噌が聞いたら怒るような言い回しもありますが、いずれにせよ、味噌が暮らしに根付いているからこそ使われてきた言葉といってもよいでしょう。

 

味噌は、日本の気候風土の中で生まれ受け継がれてきた発酵食品のひとつです。今日は、その発酵食品について考えてみたいと思います。

 

発酵食品とは

味噌をはじめ、醤油、酢、日本酒、納豆、漬物、鰹節、パン、チーズ、ヨーグルト、ワイン、ビール、紅茶などなど、特に意識しなくても私たちは、たくさんの発酵食品に囲まれ日常的に口にしています。

 
では、そもそも、発酵とは何でしょう?

 

 
学問的に難しい定義はあるようですが、簡単に言えば「酵母や細菌など肉眼では見えないくらい小さな微生物たちが、人間のためによいことをしてくれる」こと。その働きで、人間にとって有用な食べ物へと変化したものが発酵食品です。

 

発酵食品の魅力

 

保存性や栄養成分が高まる、体内への吸収率がよくなる、風味が増す、おいしさに深みが出るなどなど。微生物がよい働きをしてくれた結果、発酵食品は、もととなる食材以上の魅力を持つことになります。

 
食べるということは他の命をいただくことですが、発酵食品は、食材というひとつの命に微生物というもうひとつの命がプラスされたもの。

 
ひとつといってもその数は天文学的で、例えば小さじ1杯程度の糠味噌の中には、生きて活動している乳酸菌が約8~10億個も生息しているそうです。

 

で、この「乳酸菌」という名称が、「乳」という言葉がつくので、牛乳やヨーグルトなどの乳製品だけを意味するものとみられがちですが、悪玉菌を駆逐する善玉菌の一つで、腸内環境を良くする働きを持ちます。

 

この善玉菌である「乳酸菌」は発酵食品に含まれています。特に腸内環境を良くするものは、味噌、漬物、納豆、麹を使用した食べ物・飯鮨などがあげられます。

 

ちなみに腸内の温度は、体温より少しばかり高い温度の38度から40度。夏の猛暑の温度で食品が腐る温度です。

 

腸内で堆積した未消化の「食べたもの」が腐る温度で、もし善玉菌がなければ、この腐った未消化の「食べたもの」は身体中に血液を通してばらまかれます。すなわち様々な疾病や病気になります。

 

発酵食品に含まれるこの善玉菌が、腸内環境を正常な状態にしてくれるのです。

 

日本の発酵食品

世界中にさまざまな発酵食品がありますが、湿度の高い日本では、蒸した穀物に繁殖する麹カビ(麹菌)によって醸し出される独特の発酵食品があります。

 

醤油、味噌、日本酒、焼酎、味醂、鰹節、甘酒、米酢などが、それ。

 
その中の甘酒は、起源が古墳時代にさかのぼるとも言われ、日本書紀にも記述がある伝統的な甘味飲料です。冬のイメージが強いのですが、俳句では夏の季語。

 

というのも、江戸時代後期には、甘酒が夏バテ対策のドリンク剤として売られていたのだそうです。

 

甘酒の成分は、ブドウ糖、必須アミノ酸群、そしてビタミンB1・B2・B6、パントテン酸など生理作用に不可欠なビタミン群。

 

この成分というのが、実は、病院で栄養補給のためにされる点滴の溶液と同じだというのだから驚きですね。昔の人は経験上、発酵によって生まれるパワーを知っていたのでしょう。

 

 

限りなく奥深い発酵食品の世界の、ほんの一部だけをご紹介しましたが、いかがですか?

 
私たち現代人は、ヨーグルトのビフィズス菌は知っているのに、甘酒や糠味噌漬けの底力についてはあまり意識していなかったかもしれません。

 
発酵食品は、それぞれの土地の気候風土から生まれ、育まれ、受け継がれてきたものです。

 

微生物の世界がまさにこの発酵食品。

 

日本人の体になじむ日本の伝統的な発酵食品を、もう一度見直してみるのもよさそうですね.

ニセコ連峰ワイスホテルから

2010 年 1 月 4 日 月曜日

元旦から3日までニセコワイスホテルにて連泊してきました。

 

スキーの合宿にイントラ参加させていただきましたが、天候が非常に悪く、元旦は何とか夕方にたどり着いたものの強風の吹雪のため2日は一歩もホテルから出れませんでした。

 

このホテルには図書室があり、日ごろ積読ならぬ積本のままになっていた本を片っ端から読破しました。まあ5冊ぐらいですが・・・。

その中の一冊の本「日本人の”命”を縮める食」という郡司和夫著の中には、食の安全ということがいわれている昨今ですが、身の回りには食品添加物や中国から輸入された食品の残存農薬など、非常に健康を害する食品があまりにも多いことが書いてありました。

 

問題は消費者である私たちが自己防衛を行い、危険な食品を駆逐してゆくためにも知識を得、行動を起こさなければ解決しないことです。しかしながら、あまりのも多くの発癌性食品添加物(酸化防止剤等)が食品に混入されており、選択分別するとお店ではほとんど購入するものがないほどなのです。

 

「食」の商業主義的見地から「便利で豊かで能率的でありさえすれば、健康を害しても多少はしようがない」という風潮が根底にある限り、業界の自発的改善は望めないでしょうね。また日本も欧米では当然になっている食品添加物の規制に直ぐにでもとりかかるべきです。アメリカでは、最近まで「トクホ」になっていた「エコナ」は、もう数年前から肝機能障害を併発し、癌になる可能性のある添加物として使用不可となっていたのです。日本は遅すぎます。政府は何もしていません。

 

私は日ごろから信頼おける農家さんから直接、米・野菜等農作物を購入しています。農家さんも、今後、直接販売こそが収入を上げる方法ということで積極的に低農薬の農産物を販売してゆくそうです。

 

私たちの身の回りで安全・安心な食品を購入できるシステムが早く構築してほしいものです。そのために北海道の農業は、日本の自給率アップのためにも、全国に発信してゆく将来性があると思います。

 

先進国でも下位にランクされる「農作物自給率」。

 

今こそ食育の概念「その地域で獲れた作物は、その場所で食するもの(身土不二)」を正しく理解実行する時です。

自給自足しないで輸入に頼ることの大きな過ちは、国力(軍事的な意味ではありません。その国を支える広い意味)を衰退させてしまいます。正しい「食育」の理解と実行こそ、国力を維持していくための必要十分条件なのです。

 

写真はホテルの部屋から撮った3日の朝8時のものです。やっと晴れましたが、午後にはまた雪になりました。