ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 友情

‘友情’ カテゴリーのアーカイブ

入院中の誕生日

2010 年 11 月 22 日 月曜日

入院中の誕生日

 

 

昨日は私のバースディでした。

入院中でしたのでお祝いのために来てくれる人はいないと思っていましたが

夕方、6時ごろ同級生で親友の伊藤君が、上記写真のバースディ・ケーキを持って

お祝いとお見舞いに私を激励に来ていただき、本当に驚き、感謝で涙が出そうになりました。

このケーキには、私の「夕張川なんでも探検隊」の隊長であることから「隊長」と書かれています。

わざわざ、オーダーして頂いたのです。

入院中、伊藤君には何度もお見舞いに来ていただき、身の回りの物を自宅から届けていただいたり

いろいろ手助けをしていただいています。

本当に助かっています。心から感謝します。ありがとうございます。

JCの仲間たち

2010 年 10 月 5 日 火曜日

JCの仲間たち

 

JCI 公益社団法人 日本青年会議所には

708のLOMといわれている各地青年会議所があります。

20歳から40歳まで所属でき、「明るい豊かな社会」の実現を理想として

「個人の修練、社会への奉仕、世界との友情」を基本姿勢におき、

事業を実施する過程でリーダーシップトレーニングを経験するための団体です。

2002年度の最終年度に、北海道地区道央ブロック協議会主催 

北海道の市町村を考えるシンポジウム「手と手とをつなぐ地域の力」

~活力ある地域創造をみんなで考えよう~を企画運営実施をしました。

その時の担当委員会名が「地域創造委員会」。

メンバーは、委員長の私のほか メンバー12名。

パネラーとして、当時のニセコ町長逢坂様、石狩市長田岡様、小樽商大教授相内様

ブロック会長の西川様をお招き、コーディネーターは私が務めさせていただきました。

その時の委員会メンバーであり、(社)栗山青年会議所のメンバーでありました

河〇修一君(幹事)と岡〇昌司君(部会長)が昨日、お見舞いに来ていただきました。

折角来て頂いたのに入院中なため何もおかまいできませんでしたが、

お二人が帰られてから、JCのこの事業のためにメンバー一丸となった

この2002年度のことを想い出し、お二人をはじめとするほかのメンバーたち

にも改めて感謝しました。

岡〇君は、伊藤君のHPのブログにも登場しておりますが、来月ご結婚されます。

心からご祝福させていただきます。残念ながら入院中なためご出席はできませんが、

これからもよろしくお願いいたします。ちなみに岡〇君は、この事業のほか同年6月には

千歳川を100人で川下りをする事業の部会長を担当して頂き、持ち前の行動力で

大成功。さらに河〇君は、不慣れな委員長の私をさまざまな場面でサポートして頂き

今更ながら感謝しています。

他のメンバー達もいつかまたお会いできる日を楽しみにしています。

 

JCで培った友情は私の大切な財産であり生きてきた証です。

 

『私の前にいつも燦然と輝き、そしていつも生きる喜びと情熱、

そして夢を与えてくれるのはJCの皆さんとの出逢い「邂逅」です』

物体X(3)

2010 年 10 月 5 日 火曜日

物体X(3)

 

 

先日お見舞いに来て頂いた、シジ〇ちゃんからのプレゼントです。

ルービックキューブを想い出してしまいました。

変形型三角錐のピースが組み合わさって、

集合体としてこのような円形型の形状に完成します。

各ピースには磁石が内蔵されており、簡単に合体します。

意外と完成させるには難しく時間がかかりましたが

右手の痺れのリハビリには効果があります。

シジ〇ちゃん、ありがとうございます。

早く元気になりますからね。