ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 本

‘本’ カテゴリーのアーカイブ

姜尚中(カン サンジュン)先生

2010 年 11 月 16 日 火曜日

姜尚中(カン サンジュン)先生

 

 

姜尚中(カン サンジュン)先生の記事が北海道新聞に掲載されていました。

「オモニ 母」という題名の小説を出版され、この題名の小説を

なぜ執筆されたのかという内容の記事でした。

 

現在、東京大学大学院情報学環教授をされ、専攻は政治学・政治思想史。

私が大学時代にお世話になり多大な影響を頂いた恩師のうちの一人です。

12歳違いますので、私が大学生・大学院生のころは、姜先生は30代であり

一般教養の政治学、政治思想、社会思想の科目、少人数のゼミを履修しました。

また、大学院へ進学するか否かのとき親身にご相談にのっていただきました。

 

現在入院中でなければ、先日、先生が札幌に来られた時に久しぶりにお会いする機会が

あったかもしれません。残念です。

「オモニ 母」という題名の小説は、お見舞いに来てくれた〇藤工務店の社長の

〇藤正人君からのプレゼントです。現在まだ読んでいる途中ですが、

当時、学生の私たちに語ってくれた先生の生い立ち、

お母さんを亡くされたときの記憶が戻ってきました。

 

当時、ゼミや授業で購読した古典的名著 

マックス・ヴェーバー著「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

「職業としての政治」「職業としての学問」「法社会学」「宗教社会学」といった一連の

テキストを隅から隅まで熟読し、ドイツ語の辞書を片手に、原書(ドイツ語)で読んだこともありました。

 

私は、先生からマックス・ヴェーバーを研究するのならドイツ語は習得し

ドイツの大学へ留学する必要があるといわれ、それに向けM・ヴェーバーのテキストを

毎日図書館にこもり研究していたあの頃を今は懐かしく想い出します。

 

私は、大学院の中途で家業を継ぐことになり、M・ヴェーバー研究者としての道は断念しましたが

当時は、人生のすべてを研究にかける意気込みでしたので、、M・ヴェーバーの書物をとおして

現代の政治や社会を見る視点が知らず知らず身についているのに気づかされることがあります。

 

私にとっての学生時代は、M・ヴェーバー=姜先生というほど影響を受けていることが

再認識することがあります。

 

姜先生がゼミで云われた「自己認識は他者認識を経て初めて達成される」という言葉が

今も心の奥底に鳴り響いています。

便利なものです

2010 年 8 月 25 日 水曜日

便利なものです

 

 

ありそうでなかなか手に入りません。

ブック・ホルダーというらしいです。

本のページ押さえですね。

ページが捲れてくるのを挟むことで本から手を離せます。

1日ないし2日で一冊を読むことを目標にしています。

かなり速いペースで読みますので、必要のないところは飛ばし読みです。

その本で一番大事なところを逃さずに見出し、その前後を集中して読みます。

こういう読み方は作者や作家に失礼でしょうが、

ビジネス本や評論・啓発といった分野に限ってのことです。

ためになり、もう一度読む必要がある本は手元に置いておきます。

そのため大事なところのページは折っておきます。

評価の高い小説や名作と呼ばれる文芸作品は、じっくり味わって読みます。

まだ夏ですが、秋の夜長は読書三昧と参りましょう。

有島武郎 「小さき者へ 生れ出づる悩み」

2010 年 8 月 15 日 日曜日

 有島武郎 「小さき者へ 生れ出づる悩み」

 

 

 

先日、ニセコの「有島記念館」に行ってきたときに購入した本です。

中学生の国語の教科書に教材として使われていた「小さき者へ」を改めて読んでみました。

最愛の妻に先立たれた筆者が子供たちに贈るエールであると同時に、

芸術家として作家の道を歩む覚悟が感じられるこの作品に

中学生当時では感じることができなかった心情にかられました。

残念ながら有島武郎は45歳の若さで心中自殺してしまいますが

「相互扶助」の精神を掲げたユートピア思想の根底にあるクリスチャンとしての有島は

北海道の開拓の歴史、倶知安・ニセコの地において忘れてはならない作家の一人です。

生活革命=玄米正食法    石田 英湾著

2010 年 3 月 29 日 月曜日

生活革命=玄米正食法    石田 英湾著

 

 

昨年から自宅でのご飯は玄米で食べています。

 

玄米を炊くには水を多めに入れたり、前日から水に漬けておくと柔らかく炊けますが

 

良く噛んで(100回位)食べています。

 

3か月で肌や便通が良くなり、白米より明らかに良いことが実感できました。

 

そんな中、石田 英湾さんの上記の本に出会いました。

 

『内容(「BOOK」データベースより)
玄米ミルクでわが子の命が救われたことを契機に、食卓が変わった。桜沢如一の玄米正食法に学び、健康な身心と元気な家庭を実現。貴重な体験を綴ったロングセラーの増補改訂版。
内容(「MARC」データベースより)
加工食品をやめて、食事を玄米と少量の野菜と海藻だけに変えた時、何が起こったか? 桜沢如一の玄米正食法に学び、健康な身心と元気な家庭を実現。貴重な体験を綴ったロングセラーの増補改訂版』

 

今から30年前のころ、石田 英湾さんは現代の医学に疑問をもち

 

玄米効果が身体にどういう効果をもたらし、難病を克服してきたかを書いた本です。

 

今でこそ玄米ブームですが、当時玄米で食事をとるということがいかに困難であったか、

 

思考錯誤しながら健康を取り戻していったことが明記されています。

 

私もそして私の知り合いも最近は、玄米を食されている方が増えています。

 

食品添加物が多いなか玄米の効果が救いです。

決め手は油! 頭がよくなる脳内デトックス (山田豊文著 青春出版社 )

2010 年 3 月 11 日 木曜日

決め手は油! 頭がよくなる脳内デトックス (山田豊文著 青春出版社 )

 

 
 
山田豊文さんの先月出版されました新刊です。
 
 
脳の60%は「油」でできており、 頭の良さを左右する脳の機能は、
 
 
マーガリンや乳製品、ハンバーグといった
 
 
食べ物に含まれる油を変えることで飛躍的にアップすると著者は述べています。
 
 
子どもの知能を高め、大人の脳を活性化させる山田式食事法が述べられています。
 
 
「植物性の油はヘルシー」、
 
 
「甘い物=脳のエネルギー」、
 
 
「カルシウムはたくさんとることが大事」
 
 
私たちは学校給食で当たり前のように上記の食事をしてきました。
 
 
その“常識”が実は頭を悪くしていたと著者は述べています。
 
 
特に油に関しては、アメリカやヨーロッパではすでに「トランス脂肪」「ショートニング」
 
 
といったマーガリンやお菓子に含まれている化学合成添加物は、
 
 
含有率が無か数パーセントのみしか許可されてなく、それに比べ日本では、
 
 
規制は全くないのです。
 
 
脳はほとんどが油でできているので、頭脳を明晰に保つためには、
 
 
オイルは不可欠です。
 
 
しかし、工業製品である化学合成でできたオイル(たとえば、マーガリンなど)
 
 
を取ると悪影響を受けるそうです。
 
 
摂取して良いオイルは、オメガ3である「フラックスオイル」や
 
 
オメガ9の「オリーブオイル」(加熱しても酸化しにくい)ということです。
 
 
そこで「オメガ3を含むフラックスオイル」を毎日
 
 
スプーン一杯取るようにしてみました。
 
 
本当に信じられませんが、2・3日後から確かに、頭の回転や記憶力、
 
 
そして集中力が蘇ってきたのには大変驚きました!
 
 
「腸のデトックス」ばかりでなく「脳のデトックス」がこれからは必要な時代なのでしょう!
 
 

『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』(三橋貴明)

2010 年 3 月 8 日 月曜日

『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』(三橋貴明)

 

 

 

三橋貴明著の昨年初版された本です。

 

私の友人の㈱伊藤工務店の伊藤正人社長さんのブログにも紹介されていましたので、重複部分は避けます。

 

以前から三橋貴明さんのブログや、発行書籍を読んできました。

 

中小企業診断士として、会社の経営財務分析方法を一国の経済に応用したところ、特に韓国の経済事情をマクロ経済で分析したことが反響になり、「ヤバイ!」シリーズで本を刊行され現在活躍中の方です。

 

こういう視点から一国の経済状況を解析する方法は以前からもありましたが、当時はだれも見向きはしませんでした。

 

私の学生時代に、助教授で(現在は、准教授)比較経済学を専攻されていた方が、この分野で研究されていたことを思い出しました。

 

現在は、PCやHP等の文明の利器があるため、データーの入手や比較解析が短時間でできるようになったことが、大きく研究者に貢献しているといえます。

 

三橋さんもその一人でしょうが、この書でいわれているように、日本の場合、「内需拡大」を刺激する政策、さらにその前提条件となるマスメディアの誤報ともいえる報道に対する対策(マスメディアの真の意味での報道を期待)をする必要が早急にあります。

「病気になりたくない人はこうしなさい!」

2010 年 3 月 7 日 日曜日

杏林予防医学研究所所長 山田豊文 著

「病気になりたくない人はこうしなさい!」 

 

 

山田豊文著のこの本は、非常にわかりやすく食の安全に関して的確なアドバイスがなされています。

 

私たちの身の回りには、たくさんの添加物や

 

自然状態とかけ離れた工業用化学合成品の混入された食品がいかに多くあり

 

それを知らずに食べていることが、多くの疾病を招いている事をあらためて知りました。

 

その昔、小学生のころ「バター」より植物性の「マーガリン」が良いとか、

 

牛乳などの乳製品はカルシュームを取るのに非常に良いとか、

 

「特保」指定の「エコナ」オイルが、成人病の予防に良い油だとか、

 

手軽に安くておいしいハンバーガーなどのファーストフードを何度も利用したり、

 

100%ジュースは体に良いので、毎日飲んでいたとか、

 

養殖された魚介類は安全だと思っていたこと、

 

この本を読み、誤りであり、身体に悪影響を及ぼし、

 

癌やアトピー皮膚炎などの病気の原因の一つであることを知りました。

 

私たち消費者は、お店で買う食品について、いろいろな情報を入手してより安全なものを選ぶことでしか

 

今のところ対応できません。

 

欧米では使用禁止となっている食品添加物を、今後日本でも早く規制してほしいものです。

 

最近、お店では「食品添加物は使用していません」という表示がみられるようになってきました。

 

このような本がたくさん出版され読まれることで、早く安全な食品を購入できるようになってほしいです。

今週の本「短く深く眠る法」

2010 年 3 月 6 日 土曜日

今週の本「短く深く眠る法」

 

 

 

先日、コンビニで購入した『短く深く眠る法』藤本憲幸著の感想です。

 

 

アマゾンでの書評は以下の通りですが、著者は自分の経験も踏まえての方法論を展開しています。

 

 

私も普段は、4時間から3時間の睡眠でここ10年ほどやっていますが、短時間睡眠方法についての本を読んだのは初めてです。

 

10年以上前は6時間位の睡眠でしたが、私を取り巻く環境により、短時間睡眠を余儀なくされて3・4時間睡眠になってしまいました。

 

この本に書かれていることを、短時間睡眠のために意識なしてやっていたことに、あらためて気づきました。

 

「夕食の食べすぎは、短時間睡眠に悪影響をもたらします」ということを身をもって経験しています。

 

さらに脳も使えば使うほど回転が速くなるし、昼食後の10分間睡眠も実施済みで効果ありです。

 

ただ、総じて睡眠時間や食事制限等は、習慣性の問題や取巻く環境、さらにその方のライフスタイルや人生の目的(入試試験や国家試験合格のため・趣味等)があるからこそできるわけです。

 

ただ著者が言うように、健康な身体の持ち主が、寝不足や頭の使いすぎで死んだ人はいないということです。

 

本書にもありますが、不眠症をもたらす心身症や自律神経失調症の疾病に対して、睡眠薬の処方が正しいとは思いませんので、著者のいう睡眠方法を試してみることで改善が見られればと思います。

 

まあ、その人にあった睡眠方法を試してみることで良いと思います。

壁に当たった時に読む本(小山薫堂著 第2弾)

2010 年 2 月 15 日 月曜日

題名は勿論、小林秀雄「考えるヒント」からだと思います。

 

「著者はpositive thinkingが好みのようだが、読者はこれを素直に取るべきではないだろう。positive thinkingだから成功したのではなく、成功したから著者の過去の選択をpositive thinkingと捉えられるのである。こうすれば成功するという魔法がある訳ではなく、本書で書かれているのは成功した人の体験談なのである」という意見もありますが、私はそうは思いません。

 

小山薫堂さんの父親の「人生はすべていい方へいい方へ向かっているんだよ」という「楽観主義」の影響が大きく、本書にも書かれていましたが、小山さんが小学生の時、キャッシュカードを持ったせられ、お小遣いを銀行振り込みでもらったり、3千万円の大金が入ったバックを運んだり、東京まで一人で親戚の所へ旅行に行くようにいわれ、怖いということに対し「日本語が読める?話せる?わからなければ聞けばよいし、標識を読めばいいし、質問すればいいし、じゃあ迷子にならないよね」と納得させられ、実際行ってみれば迷子にならなかったこと等、小山さんは、小学生時分より「超楽観主義的教育」を父親から授けられ、普通の子供とはかなり違った成長過程を経たことがその後の小山さんの人格を形成し、現在に至っていると思います。

 

また、成功者か否かということですが、本人は少なくとも現時点で成功者だとは感じてはいません。自分が一生懸命取り組んだ結果今があるだけで成功者とは思っていないはずです。

 

一応仕事上、納得いく評価を世間から貰っているという認識だけでしょう。まだまだやりたい事や、やるべき事がたくさんあり、アンテナを張り巡らしていればアイデアが突然湧いてくるのでしょう。「毎日が楽しくて、目覚し時計が無くても、今日はどんな良い仕事ができるかという楽しみで自然と眼が覚めるんです」ということを言っています。

 

多忙で仕事を抱えていても、決して自己満足や保身のためではなく、他人を喜ばせることにものすごくエネルギーを費やしたりする小山さんの人柄は、まさに自然体で気負ったところがなく、称賛すべき人物であると思います。

 

ナポレオン・ヒルがその著「思考は現実化する」で言及しているように、「成功者は決して自分を成功者であると認識はしていません。なぜならその成功は必然だからです」「成功した人の共通点は、たぶんに楽観的でそうなるものだと確信をもち、その確信に少しの疑いをもたず、ほとんど寝ている以外は(あるいは寝ていても夢の中でさえ)その取り組むべき事柄に全力で取り組み、そのことを義務とか与えられた仕事だからという消極的対象ではみていません。なぜならその「取り組むべき事柄」はその方にとっては人生そのものであるからです」

 

小山さんの仕事に対する姿勢や情熱・思考行動や人生観は、実現したい夢や希望がありながらも一歩踏み出す勇気がなく行動がとれないとか、あるいは恐怖感や心配症等で二の足を踏んでしまって行動に移れない、または性格が真面目過ぎることが行動障害の原因となっている等、それらを打開する特効薬のように思います。是非この本を一度読まれ、肩の力を抜き、行き詰った現状を克服するヒントとなることを願っています。

 

人生は強く望めば、必ずや想いや願いが叶うようにできています。私はそう信じます。

人生を前向きに運勢を好転する本です!

2010 年 2 月 3 日 水曜日

この本ですが、非常に良い本です。

 

落ち込んだ時に、人生を前向きに考えさせたり、運勢を好転したいときに読むとご利益があると思います。

 

私の同級生であり、㈱伊藤工務店の社長である伊藤正人さんがブログで先にアップしていますので、ご参考ください。

 

著者の小山薫堂さんは、人生は楽しむためにあり、その楽しみの一つが「他人を喜ばせることが自分の役割」であり、それを達成するのが自分の喜びであるサービス精神旺盛な根っからの「お笑い芸人的」素質の持ち主、それが自分であると述べています。

 

サービス精神旺盛で、様々なことに好奇心を持ち、失敗も失敗と思わず「もったいない主義」で時間も行動も次への展開に繋げていくポジティヴな発想と行動は、著者の所属する芸能・放送業界だから成立すると思いましたが、一般企業も芸能・放送業界も広い意味でサービス業でありますので両者を区別することはナンセンス、著者も一般人も同じ立場であり、結局、著者のポジティヴな性格が様々な人脈を形成、成功につながり今の小山さんを存在させていると考えてよいでしょう。

 

小山さんのポジティヴ精神を真似てみることは、人生を実りある豊かなものとする一歩であると感じました。