ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 健康

‘健康’ カテゴリーのアーカイブ

山田豊文さん 講演セミナーに参加してみました

2010 年 9 月 6 日 月曜日

山田豊文さん 講演セミナーに参加してみました

 

 

先日、KPMI 杏林予防医学研究所所長 山田豊文さんのセミナー

(山田強運塾というセミナー名でした)に参加する機会がありました。

 

常識となっていますカルシウムの摂取一番の牛乳は、かえって骨粗鬆症をまねくとか

リノール酸という油はコルステロール予防に良いとされてきましたが

細胞質を硬化するので心筋梗塞や動脈硬化をもたらし、

動物性脂肪のバターより植物性脂肪のマーガリンが良いとされてきたことは誤りであり

(マーガリンはプラスチックに近い分子構造 マーガリンを食べることはプラスチックを食べること)

ケーキやクッキー、パンに使用されているショートニングといった食品添加物も健康を損ね

10年前からアメリカ・ニューヨークでは使用規制法が成立、

含有量を告知することが決められ、罰則があるほど厳しいものらしいです。

 

私たちの身の回りには、添加物や化合物が食品に添加されているものが溢れており

日々の食生活においてナチュラルなものを選んで行くことが健康のために良いのでしょうが

非常に困難です。

 

ファースト・プラン=解毒(デトックス)=体のリフレッシュを定期的にすることが

健康を維持するには必要な時代。

単なる断食から科学的な断食へと、非常に説得力のあるセミナーでした。

 

元日ハムの新庄選手や現役のダルビッシュ選手、

ゴルフの横峯さくら選手といった一流のアスリート達が

山田先生の指導のもと体質改善をして素晴らしい成績を残しているのが実証されています。

断食はデトックス作用=解毒があるのですね。

私もトライして体質改善、幸運をもたらすファスティングを試みたいと思いました。

どんな油を調理に使用してますか?

2010 年 3 月 17 日 水曜日

どんな油を調理に使用してますか?

 

最近、読んだ本「山田豊文 著」には、オメガ3のオイルが身体の健康に良いと書いてありましたし、

 

HPを見ていると「食用油、オイル」に関する情報が多いです。

 
特に、オメガ3を多く含む「有機 亜麻仁油 - FLUX OIL フラックスオイル」がすごく良いらしいです。

 

では、今までにどんな油を摂っていたでしょうか?

 
■油の種類・分類
私たちが普段摂取している油(脂肪)はこのように分類されます。

 

 

■植物油の脂肪酸組織
植物油といっても その脂肪酸の構成比はかなり違います.

 

 

■脂肪の通信簿
それぞれの脂肪の特徴は、このような図に表されます。

 

 

■現実と理想
油の摂取についてのポイントは、【オメガ3】と【オメガ6】 
この比率が問題点です!

         理想は、1:2  ・・・しかし ・・・

 

オメガ3

オメガ6

 

理想の摂取量

1

2

現代人の食事

1

10-50

フラックスオイル

4

1

紅花油

0

75

コーン油

0

59

オリーブ油

0

8

キャノーラ油

1

4

肉類(鶏・豚・牛)

0

0

 (以上資料は、Natural Station ウェンディー・ママ から引用)

 オメガ6の油をひかえ、フラックスオイル(亜麻仁油)を摂取することで

 
 

この比率を理想値に近づけることができます!
 
 

 
同じ、フラックスオイルでも冷温圧搾工程のもの、
 
 
 
保存のため光を100%遮断できる容器に入っているものが良いようです。
 
 
 
さらに保存料や防腐剤など化学薬品は
 
 
 
 
一切使用していないものも良いでしょう!! 
 

 
フリーラジカルの発生源となるトランス型異変脂肪を一切含まない、
 
 
 
自然型の安全なシス型脂肪酸100%。
 
 
 
無精製NO-トランス認定マークのついたオイルを
 
 
 

私は使用しています。
 

 

マーガリンなどと違い、化学精製をせず、素材からそのまま低温で絞った

 

自然界に存在するオイルですので安心で体に優しいオイルです。)

 
その効果は、  
 
 

アレルギー症状を改善したい
美肌を保ちたい
動脈硬化、コレステロールが気になる
関節炎でお悩みの方
腸の調子が気になる方
吹き出物や湿疹が気になる方
乾燥肌やフケでお悩みの方
肌の老化を感じる方
健康な血管やサラサラな血液を意識される方

 

に抜群に効果があります!!
 

 

 効果的な摂取の仕方は、

 
栄養補助食品として1日大人で大さじ2杯(大さじ1杯/約14g)ドレッシングとして
 

 

また直前の料理に加えます。

 

また、オメガ-3脂肪酸は熱に弱いため、加熱調理しないことです。

 
リリグナン繊維分が沈殿していますので、必ず良く振って使います。
 
 
 
私たちの脳は、そのほとんどが「油」でできています。
 
 
 
良い油の摂取は、脳に直接影響してきます。
 
 
 
このフラックスオイルを摂るようになってから、
 
 
 
頭が冴え、記憶力も良くなり、集中力が蘇ってきました。
 
 
驚きのオイルです。
 
 
 
ただ他のオイルとの併用は、良いオイルの効果がが駆逐されますので
 
 
 
オメガ3を熱処理しないで摂り、オメガ9(オリーブオイル)
 
 
 
は加熱OKですので、炒めものに使います。
 
 
 
オメガ6は、あえて摂りません。
 
 
 
外食すればたいていの食事には含まれているからです。
 
 
 
大人より、発育盛りの子供の食事に、オイルに関してもっと心がけてください。
 
「勉強しなさい」と言うよりもっと効果的に学力が上がるはずです。

 

 

 

 

今週の本「短く深く眠る法」

2010 年 3 月 6 日 土曜日

今週の本「短く深く眠る法」

 

 

 

先日、コンビニで購入した『短く深く眠る法』藤本憲幸著の感想です。

 

 

アマゾンでの書評は以下の通りですが、著者は自分の経験も踏まえての方法論を展開しています。

 

 

私も普段は、4時間から3時間の睡眠でここ10年ほどやっていますが、短時間睡眠方法についての本を読んだのは初めてです。

 

10年以上前は6時間位の睡眠でしたが、私を取り巻く環境により、短時間睡眠を余儀なくされて3・4時間睡眠になってしまいました。

 

この本に書かれていることを、短時間睡眠のために意識なしてやっていたことに、あらためて気づきました。

 

「夕食の食べすぎは、短時間睡眠に悪影響をもたらします」ということを身をもって経験しています。

 

さらに脳も使えば使うほど回転が速くなるし、昼食後の10分間睡眠も実施済みで効果ありです。

 

ただ、総じて睡眠時間や食事制限等は、習慣性の問題や取巻く環境、さらにその方のライフスタイルや人生の目的(入試試験や国家試験合格のため・趣味等)があるからこそできるわけです。

 

ただ著者が言うように、健康な身体の持ち主が、寝不足や頭の使いすぎで死んだ人はいないということです。

 

本書にもありますが、不眠症をもたらす心身症や自律神経失調症の疾病に対して、睡眠薬の処方が正しいとは思いませんので、著者のいう睡眠方法を試してみることで改善が見られればと思います。

 

まあ、その人にあった睡眠方法を試してみることで良いと思います。