ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > エキノコックス

‘エキノコックス’ カテゴリーのアーカイブ

キツネの虫下し餌(ベイト)散布によるエキノコックス駆除

2010 年 5 月 20 日 木曜日

キツネの虫下し餌(ベイト)散布によるエキノコックス駆除

 

 

最近キツネが民家まで出没するようになりました。

  

問題なのは、キツネに寄生するエキノコックスが、私たちにペットなどを介して、

 

あるいはタマゴが付着した山菜などを食べて感染する危険性があるということです。

 

人にエキノコックスが感染しても、すぐには自覚症状が現れず、数年から10数年の潜伏期を経て、

 

上腹部の不快感や膨満感が現れ、しだいに肝機能障害に伴うだるさや黄疸等の症状が現れ、

 

放っておくと肺や脳に病巣が転移したり、命にかかわることもあります。 

 

そこでエキノコックスの駆除をする必要があります。

 

それはベイトと呼ばれる虫下しの餌を道路沿いに散布する方法で行います。

 

散布したベイトは、縄張りを持つキツネに食べさせることが目的です。
 
ベイトを食べることによって、キツネの体内からエキノコックスが排出されます。

 

ベイトを食べてもキツネは死にません。このため、健康になったキツネが自分の縄張りを守るため、

 

エキノコックスに感染したキツネの進入を防ぐことになります。

 

ベイトは、虫下し入りの薬剤(プラジカンテル) を魚のすり身に混ぜて作ります。

 

この取り組みは、ニセコで広く行われており、私たちの町でも「夕張川なんでも探検隊」や

 

「由仁ライオンズ」で実施する計画を立てています。

 

山菜の季節ですが、エキノコックスの卵が付着している場合があります。

 

対策は、野外から帰ったらよく手を洗う、野外で採った食材は、よく洗って、加熱して食べる、

 

といった基本的な注意が必要です。決して生で食べることがないよう気をつけてください。