ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 2010> 3 月

2010 年 3 月 のアーカイブ

アーモンドを食べてます!

2010 年 3 月 31 日 水曜日

アーモンドを食べてます!

 

 

 

アーモンドの栄養価について最近よく話題になっていますが

 

以前より私は欠かさず食後に10個から20個、食べています。

 

その結果、

 

1.冷え症が改善しました。

 

2.他の間食はしなくなりました。

 

3.便秘が解消されました。

 

など、非常に良い効果が出ています。

 

栄養価値も高いアーモンドですが、どのアーモンドもよいというわけではありません。

 

食塩と油で保存期間や賞味期間が長くしてあるものは身体に良くないので

 

オイル・塩分付添加のもので、生アーモンドかほどよくローストしたもののどちらかに決めています。

 

生アーモンドはローストしていないのでビタミンEが豊富です。

 

熱を加えると折角のビタミン類が破壊されてしまいます。

 

73歳の母もアーモンドを毎日摂るようになってから調子が良いそうです。

 

是非お試しください。

今週のCD

2010 年 3 月 30 日 火曜日

今週のCDです。

 

 

云わずと知れたYESの「危機 close to the edge」です。

 

3曲しか入っていなく、LPのときはA面が1曲、B面が2曲でした。

 

中学生の1年の時に、同級生から「すごい曲があるから聴きに来ないか」と言われ

 

はじめてプログレシブロックというのを聴き、一曲目の川の流れの音が終わるや否や

 

怒涛のごとく音が出てきて約30分の一曲に聞き入ってしまいました。

 

2曲目の宗教音楽か?という瞑想の曲、3曲目の速いテンポの曲にも感動!!

 

友人と話が盛り上がっりました。

 

今聴いて、当時のことが懐かしく思うプログレロックの洗礼を浴びた一枚です。

生活革命=玄米正食法    石田 英湾著

2010 年 3 月 29 日 月曜日

生活革命=玄米正食法    石田 英湾著

 

 

昨年から自宅でのご飯は玄米で食べています。

 

玄米を炊くには水を多めに入れたり、前日から水に漬けておくと柔らかく炊けますが

 

良く噛んで(100回位)食べています。

 

3か月で肌や便通が良くなり、白米より明らかに良いことが実感できました。

 

そんな中、石田 英湾さんの上記の本に出会いました。

 

『内容(「BOOK」データベースより)
玄米ミルクでわが子の命が救われたことを契機に、食卓が変わった。桜沢如一の玄米正食法に学び、健康な身心と元気な家庭を実現。貴重な体験を綴ったロングセラーの増補改訂版。
内容(「MARC」データベースより)
加工食品をやめて、食事を玄米と少量の野菜と海藻だけに変えた時、何が起こったか? 桜沢如一の玄米正食法に学び、健康な身心と元気な家庭を実現。貴重な体験を綴ったロングセラーの増補改訂版』

 

今から30年前のころ、石田 英湾さんは現代の医学に疑問をもち

 

玄米効果が身体にどういう効果をもたらし、難病を克服してきたかを書いた本です。

 

今でこそ玄米ブームですが、当時玄米で食事をとるということがいかに困難であったか、

 

思考錯誤しながら健康を取り戻していったことが明記されています。

 

私もそして私の知り合いも最近は、玄米を食されている方が増えています。

 

食品添加物が多いなか玄米の効果が救いです。

魚道の改修工事でサケが遡上します!

2010 年 3 月 28 日 日曜日

魚道の改修工事でサケが遡上します!

 

 

上の写真は、夕張川南幌清幌床止(南幌リバーサイドパーク)の魚道です。

 

魚類が上流に上れるように工作したものですが、残念ながら水流落差による流水抵抗が

 

気泡を生じさせてしまい、魚類が上がれない魚道となっていました。

 

昨年からこの魚道を改修する工事がはじまりました。

 

今度の魚道は、両岸に「石組工法」による「上れる魚道」がやっと実現します。

 

それまで溯上できなかったサケやモズクガニ、カワヤツメ等が

 

上流に産卵のためにその姿を見かけることができそうです。

 

江別河川事務所の皆様や自然環境団体がみんなで知恵を出し合い実現します。

 

毎年、この場所で「南幌みどり野小学校」の児童たちに総合学習を実施しています。

 

子供たちに、川にいる魚や生物を採取してもらい、同時に「川の大切さ」「川の持つ役割」

 

「川にいる生物の生命の大切さ」を理解してもらう活動です。

 

「サケが溯上するきれいな川にしていきたい」そんな思いを子供たちに持つ続けてくれればと願っています。

由仁町の素敵な景色(4)

2010 年 3 月 27 日 土曜日

由仁町の素敵な景色(4)

 

 

 

 

 

昨年の写真です。ゆにハーブガーデンには、このように季節の素敵な花が咲き誇っています。

 

晴れた日には、色とりどりの花が至る所に訪れる者を魅了します。

 

残念ながら花の名前はわかりませんが、大変きれいな花が咲いています。

 

これから季節も春。6月ごろには花が咲いてくることでしょう。

 

蒼い芝生と、色とりどりの花は、嫌なこともすべて忘れさせてくれることでしょう。

 

もうすぐ春がそこまで来ています!

アボガドは健康満点の果物です!

2010 年 3 月 26 日 金曜日

アボガドは健康満点の果物です!

 

 

 

私の好きな果物の一つに「アボガド」があります。

 

かなり油がある果物です。

 

食べ方は、サラダに混ぜるとかが普通でしょうが、油が多いので、刺身醤油にワサビで食べると

 

不思議です!トロの刺身と同じ味がします。

 

私はこの食べ方でいつもトロのように食べています。

 

美味しいです!クロマグロ問題がありましたが、アボガドがあれば、今後クロマグロが食べられなくとも

 

私に関しては問題はありません!(本当かな?)

 

でもやはり、時々はトロを食べたいものです!

 

ただ、健康に関する様々な本を読むと、残念ながらマグロは養殖も天然も汚染されていて

 

時々は良いけれど食べすぎは健康に良くないとありました。

 

残念です。自然が破壊されていくこと、食の安全を考えなければならない時代です。

今週の一枚 HABANERA / SIMPLE ACOUSTIC TRIO

2010 年 3 月 24 日 水曜日

今週の一枚   HABANERA / 

SIMPLE ACOUSTIC TRIO

 

 

 

 知る人ぞ知る  SIMPLE ACOUSTIC TRIO の名盤「HABANERA」です。

 

美しいほどまでに研ぎ澄まされたピアノの旋律とドラムのアグレッシブさそして、

 

唸るベースのユニゾンがもたらす奇跡ともいうべき楽曲が延々と飛び込んできます。

 

どの曲も完成度が素晴らしく、且つ演奏も自由自在に即興性がもたらす緊張感が

 

たまらないJAZZの名演奏です。

 

 特にドラムのテクが最高です!

 

さらに音質が優れており、スネアの高音とベースの重低音がかなりクリアに聴こえてきます。

 

録音技術においても最高の作品です。

 

私の所有しているCDは1枚ものですが、昨年発売された復刻版のリマスターは、

 

さらに音質向上のため2枚組に編集されています。

 

ともするとJAZZの楽曲は音質が悪いものが多いですが、このCDは最高の音質と楽曲、

 

演奏とどれも高水準です!

 

ピアノ、ドラム、ベースというノーマルな編成のトリオですが、一流テクのミュージッシャンの演奏、

 

さらに楽曲の良さ、JAZZ愛好者の範疇を超えて、広く一般の方にも是非聴いて欲しい一枚です。

 

特にお薦めは、1曲目と5曲目と8曲目です。

 

ジャケットデザインの素晴らしさも必見です!

由仁町の素敵な風景(3)

2010 年 3 月 20 日 土曜日

由仁町の素敵な風景(3)

 

 

何のへんてつもない飛行機雲の写真

 

ふと空を見たとき、

 

真っ青な空を横切る一条の雲でした

 

私は思います。移ろい行く時の流れが止まることを

 

私は思います。幼いころの自分が今もこの場所に生存していることを

 

私は思います。未来においても再びこの時を楽しむ老人がいることを

 

私は感じます。白く染まった桔梗が明日の望みを心待ちにしていることを

 

私は感じます。彼方に憧れの約束の地が確固たる地位を望んでいることを

 

私は感じます。大地の息吹が確実に時を刻み普遍の掟を守ることを

 

私は信じます。この世の摂理を創造したものが、それが何であっても意図的であったに違いないことを

 

私は信じます。時空超越したその存在がいつもそばにいることを

 

私は信じます。すべては青空になびく一条の飛行機雲がつくる白日夢であったことを

由仁町の素敵な風景(2)

2010 年 3 月 19 日 金曜日

由仁町の素敵な風景(2)

 

 

 

ここも同じく、「ゆにガーデン」の広大な芝生です。

 

晴れた青空と緑いっぱいの芝生。

 

白いパラソルが似合うベンチ。

 

「風薫る・・・・」という表現にふさわしい風景です。

 

この「ゆにガーデン」、「一度行けばもういい」と云う方もおられますが、私はそう思いません。

 

自然風景は、毎日違った感動と趣を与えてくれます。

 

私たちが一日一日年をとっていき、明らかに昨日よりも老いていくように

 

自然風景もまさに盛衰の息吹がそこに存在しているのです。

 

一日たりとも同じ風景はありません。

 

自然は生きているのです。

 

壁にぶち当たり困難な状況にあるとき

 

自分の限界を感じたとき

 

生きてゆく自信がなくなり途方に暮れてしまったとき

 

再び生きる活力を与えてくれるのが、大自然です。

 

嫌なことがあれば、私は決まってここに訪れます。

 

草木が懸命に生きている姿に、力を貰い、また再び生きてみようと感じるのです。

 

自然の生命に永遠はありません。

 

嫌なことがあろうとも毎日懸命に常に生きています。

 

しかし、一瞬時が止まり、

 

無限の可能性と永久の光を感じることがあります。

 

それは大自然の摂理に触れ驚愕と畏怖感を感じた時に訪れます。

 

大自然よ!永遠なれ!わが身もいつか彼岸の彼方に・・・。

由仁町の素敵な風景(1)

2010 年 3 月 18 日 木曜日

 

由仁町の素敵な風景(1)

 

 

由仁町には、知る人ぞ知るすてきな風景があります。

 

今まで撮りためた写真を少しずつアップしていきたいと思います。

 

上の写真は、昨年に撮りました「ゆにガーデン」 のバラ園から東に向けての風景です。

 

ゆるい傾斜で左右に舗道帯、中央に蒼い芝、そして青空、素晴らしい景色です。

 

この「ゆにガーデン」には、様々な良い風景スポットがあります。

 

晴れた日には、ふらりと一眼レフカメラを持って出かけます。

 

何度来ても、きれいに管理されたガーデンのこの風景は、心休まるものを感じます。

 

「癒し」という言葉がよく聞かれるようになって、だいぶん経ちますが、

 

私を含め、現代人は疲労でいっぱいな人が多いのです。

 

そんなときこそ、自然の景色に触れることがまさに「癒し」となることでしょう。

 

由仁町には隠れた名所があります。

 

それをいつまでも残していきたいと思います。