ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 2010> 4 月

2010 年 4 月 のアーカイブ

今週のCD(2)

2010 年 4 月 24 日 土曜日

今週のCD(2)

 

 

 

今週はもう一枚CDをUPします。

 

イタリアプログレ・ロックの中で名盤と言われたオザンナのミラノ・カリブロ9です。

美しいバカロフのストリングスとオザンナのロックとの融合で、

 

当時は話題となったアルバムです。

 

大学生の時に、高田馬場の中古レコード店でBGMとして流れていて

 

すぐに気に入り購入したものでした。

 

レコードですので¥1.000だったのを記憶しています。

 

何度も聴いてレコードが擦り切れたほどです。

 

イタリアン・ロックではバカロフのストリングス・アレンジで発売された

 

名作NEW TROLLS/Concerto Grosso Per 1 も有名ですが

 

私はこちらの方が好きでした。

 

イタリアン・ロックの名盤です。

今週の一枚 キース・ジャレット ザ・ケルン・コンサート [Live]

2010 年 4 月 23 日 金曜日

キース・ジャレット ザ・ケルン・コンサート [Live]

 

 

 

 

云わずと知れた キース・ジャレット ザ・ケルン・コンサート [Live] です。

 

初めて聴いたのは、大学生のころ友人宅にあったレコードを借りてきて自宅で。

 

静寂の中の印象的なフレイズで始まるピアノの音色。

 

最初のこのピアノの奏でるメロディにノックアウトでした。

 

それまでに、ジャズピアノの曲はあまり聴いたことがなかったのですが

 

印象的なこのピアノのフレーズは何時も耳の中に残っています。

 

キースの息遣いも聴こえてくるエモーショナルな演奏にどんなに感動したことでしょう。

 

それ以来、気を休めるときはこのケルン・コンサートを聴いてきました。

 

これからも残っていくだろう歴史的名盤の一つです。

「海の駅ぷらっとみなと市場」へ行ってきました!

2010 年 4 月 19 日 月曜日

海の駅ぷらっとみなと市場へ行ってきました!

 

 

 

昨日は、親孝行の行動日。

 

母親を大好きな寿司を食べさせに

 

苫小牧の鮨屋へ連れて行きました。

 

なぜ苫小牧なのかといいますと、「ホッキ貝」が大好物な母親のために

 

苫小牧の鮨屋を選んだのです。

 

大変美味しい「活ホッキ寿司」をたらふく食べ、

 

帰りに「海の駅ぷらっとみなと市場」にて「活ホッキ貝」を購入して帰宅しました。

 

小樽の鮨屋も美味しいところがたくさんありますが

 

苫小牧もなかなか良い店がありますよ。

 

回転寿司ですが、札幌や小樽の鮨屋に負けません。

 

回転寿し「旬楽」というところですが、なかなか良かったですよ!

 

母親は、回転寿司が大好きで「何でも気兼ねなくオーダーできるから」らしいです。

 

しかし、オーダーするのは私ですが。

 

最近の鮨屋は「座敷」があり、そこにはモニターがついていて、

 

画面からオーダーできるのには驚きました。

 

私は板さんと会話を楽しみたいので、画面からオーダーするのには少し抵抗があります。

 

彼女と行くときは見栄なんですが、回転寿司には行かないでカウンターのある鮨屋です。

 

でも回転寿司のほうが美味いし、メニューも豊富、価格も安いので今後は見栄を張らない事にします。

 

苫小牧のどの鮨屋も「ホッキ貝」の握りは甘くて新鮮、美味しいです。

 

市場で購入した「ホッキ貝」でホッキカレーを料理してみようと思います。

 

苫小牧では「ホッキカレー」が有名で、どの家庭でもカレーには「ホッキ貝」が入っているらしいです。

 

GWには甥や姪たちを苫小牧の旬楽へ連れていく羽目になりそうです。

今週の一枚のCD!

2010 年 4 月 16 日 金曜日

今週の一枚のCD!

 

 

Kingdom Comeのデビュー盤です。

 

1980年代に発売した作品です。

 

ボーカルがLed Zeppelinのロバート・プラントに声がそっくりで、曲調ももろZeppelinで

 

当時の音楽雑誌では、クローンといわれ酷評でした。

 

しかし、作品はどの曲も傑作が多く、個人的には解散してしまったZeppelin以上に

 

現代風で良い作品ばかりだと感じました。

 

ドラムの重低音やギターのリフはZeppelinふうですが、たとえZeppelinが解散していなかったとしても

 

このような曲を、当時40歳後半であった本家のZeppelinが創作できるかは疑問です。

 

まあZeppelinは60年代後半から70年代初頭で、このような曲を世に送り出してしまっていて

 

同じものをアルバムで出すことはないのですが。

 

もし、Zeppelinが解散していなければ、どのような曲を世に出していたかは推測でしかありませんが

 

ジミー・ペイジの当時のコメントからいえば「ロックを超えた交響曲的な音楽」を創作して

 

いたのかもしれません。「ロックを超えた交響曲的な音楽」とは、どんな曲なのでしょうか?

 

是非聴いてみたかったです。

 

このKingdom Comeのデビュー盤ですが、現在は国内販売はしていません。

 

輸入品のみ入手できます。久しぶりに聴いてみましたが、Zeppelin以上に強烈なギターのリフと

 

ドラムとベースの闘いのようなリズムキープ、ハイ・トーンのボーカル。

 

どの曲も現在でも通用する良い曲ばかりです。

 

30年前の若いころに戻った気分になりました。若かったなあ。ロック・ギター小僧のあのころでした。

最近、柿茶にはまっています(マクロビオテックな生き方)

2010 年 4 月 15 日 木曜日

最近、柿茶にはまっています(マクロビオテックな生き方)

 

 

 

柿茶というお茶があります。

 

葉を煎じて飲みます。

 

北海道は庭に柿の木がないのですが、本州は各家庭の庭には柿の木があります。

 

夏のうちに、この葉を積んでおいて、乾燥させ煎じて、お湯に煮出して飲みます。

 

緑茶はアルカリ性ですが、この柿茶は中性です。

 

胃は弱酸性がベストなので、緑茶のアルカリ性より中性の柿茶が胃に良いと言われます。

 

なぜなら、胃が弱酸性でなくなると、ピロリ菌が蔓延る原因となるからだそうです。

 

また、ビタミンCがどんな飲み物より豊富で、昔から健康茶として親しまれてきました。

 

1日に1リットルほど飲みます。

 

体調はすこぶる快調です。柿の葉から煎じなくとも市販されていますのでお薦めします。

誕生日にマクロビの野菜ケーキです

2010 年 4 月 14 日 水曜日

誕生日にマクロビの野菜ケーキです

 

 

会社では、社員の誕生日に、マクロビのケーキをみんなで食べます。

 

今日は、ちょうど社員の誕生日なので、このケーキを選びました。

 

蒸して裏ごししたカボチャを自家製豆乳クリームで炊き上げた

 

カボチャクリームをふんだんに使ったタルトです。

 

サクサクのタルト台の上に、蒸してスライスしたカボチャをぎっしり並べ、カボチャムースを流し、

 

豆乳クリーム、カボチャクリームで仕上げてあります。

 

蒸しカボチャのほっくりとした食感と、カボチャムースのふんわりした食感です。

 

カボチャの鮮やかなオレンジ色と、花びらのようなデコレーションは目にも鮮やかですね!

 

なによりも、砂糖や牛乳、バター、マーガリンなどを使用していません!

 

最近、心臓疾患になるので禁止になりそうな「トランス脂肪酸」も当然含まれていません!

 

甘いものが苦手な方もOKですよ!

小学校総合学習でサケ稚魚放流をしました!

2010 年 4 月 13 日 火曜日

小学校総合学習でサケ稚魚放流をしました!

 

 

昨日、由仁小学校の総合学習で「サケの稚魚放流事業」を行いました。

 

2年前には実施しましたが、昨年は残念ながらできませんでした。

 

今回、是非子供たちに経験させたいという願いから

 

由仁ライオンズクラブ、栗山青年会議所、夕張川なんでも探検隊の合同により

 

実施した事業です。

 

放流した川は由仁町を流れる「ヤリキレナイ川」です。

 

由仁小学校の3・4年生55名を対象に、サケの一生をレクチャーした後、1000匹を放流しました。

 

この川にサケが戻ってくるのは、4年ないし5年後になります。

 

サケにとっての故郷が由仁町のヤリキレナイ川。

 

児童たちにとっての故郷はヤリキレナイ川の流れる由仁町。

 

どちらも世界へ旅立ち、そしてどんな困難にも立ち向かって行って欲しいと願います!

今週の一枚

2010 年 4 月 6 日 火曜日

今週の一枚です

 

 

スーパートランプのライブ盤「PARIS」です。

 

このアルバムは高校生の時に良く聴いたアルバムです。

 

当時はLPで2枚組でした。

 

有名な曲「Breakfast In  America」がライブで入っています。

 

この曲はTVのコマーシャルに使われていました。

 

シングルヒットの曲です。

 

当時の思い出がよみがえってきます。

 

若く体力もありました。

 

あれから30年以上経過しましたが、まだまだこれからです!

アルシオーネ・リフレッシュ計画(8)-8年前の姿(2)-

2010 年 4 月 5 日 月曜日

アルシオーネ・リフレッシュ計画(8)-8年前の姿(2)-

 

 

この写真も8年前にふらりと富良野に行った時のものです。

 

当時は調子よく走行できました。

 

しかし抹消済みで8年も冬眠させていたため、至る所でガタが来ています。

 

車検整備は終了しています。

 

雪解けの季節。長距離に耐えうるか否か。

 

心配は尽きませんが、これもまた楽しみの一つです。

アルシオーネ・リフレッシュ計画(7)-8年前の姿-

2010 年 4 月 4 日 日曜日

アルシオーネ・リフレッシュ計画(7)-8年前の姿-

 

 

8年前の私のアルシオーネです。

 

確か富良野へ行った時の写真です。

 

車というものは、乗らないでおいて飾っておくものではありません。

 

適度に走行させ、動かし、作動させ、発進、停止を繰り返し、内燃機関を作動させることにより

 

吸気・排気を適度に作動させること、さらに消耗品は適宜に交換することが

 

調子よく長持ちさせる秘訣だと思います。

 

私の車は、残念ながら8年近く冬眠しておりました。

 

この冬眠から完全な状態まで目覚めるまで、時間がかかりそうです。

 

雪解けが終わり春が来ます。

 

アルシオーネが復活する日もあと少しです。