ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ

毎日飲む薬

 

 

毎日飲む薬を1週間、朝、昼、晩に分けたものです。

ユーパン  :神経症における不安・緊張・抑うつ/うつ病における不安・緊張を緩和
シメチパール:胃潰瘍,十二指腸潰瘍,吻合部潰瘍,ゾリンガー・エリスン症候群,
              上部消化管出血(消化性潰瘍,急性ストレス、潰瘍,出血性胃炎などによる),胃炎防止
メチクール :神経痛,末梢神経炎,末梢神経麻痺,筋肉痛・関節痛
       [コバマミドのみの適応症]中枢神経障害(脊髄炎,変性疾患など)
       [メコバラミンの適応症]末梢性神経障害
アスパラCA:低カルシウム状態のときのカルシウム補給→カルシウム欠乏症

ビタミンD欠乏症,副甲状腺機能低下症,テタニー,骨粗鬆症

 

トライシー:慢性胃炎における消化器症状(腹部疼痛,悪心,げっぷ,腹部膨満感),過敏性腸症候群
ルフレン:潰瘍の防御因子を強めるグルタミン酸が効果の主体です
トッカータ:神経症における不安・緊張・抑うつ/うつ病における不安・緊張
       頸椎症 疼痛における筋緊張の軽減
ディーアルファ:ビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症,テタニー,骨痛,骨病変など)の改善→
        慢性腎不全,副甲状腺機能低下症,ビタミンD抵抗性クル病,骨軟化症/骨粗鬆症

 

メチクール
アスパラCA
トライシー
ルフレン
トッカータ

 

ユーパン
シメチパール
メチクール
アスパラCA
トライシー
ルフレン
トッカータ

 

薬は疾病に応じた作用と効果がありますが、当然副作用があります。

処方されたものを適量に飲む必要がありますが、身体には自然治癒力がありますので

薬に依存するのは本当は嫌なんですけど、毎日これだけ食後に飲んでします。

月に吠える

 

 

先日の夕暮れ時、東の空に秋の満月の美しさに

暫し見とれていました。ウサギが餅を突いていました。

父なる太陽、母なる月。

真夜中に道を照らしてくれるほどの明るさは、道先案内人として

暗闇を行く旅人に安心感と安らぎを与えてくれます。

月の引力で海に満ち潮、引潮という影響を与え、

さらに満月の夜は、犯罪も多い統計があり

オオカミ男伝説やピンク・フロイドの名盤「狂気 The Dark Side Of The Moon」

ルナティック【lunatic】(精神に異常をきたしているさま)という語源も月から来ています。

古からの闇に対する恐怖や畏怖感から月にはマイナス・イメージがありました。

しかし、そんなイメージも払拭するほどの

秋の純白の満月は美しく、凛々しく、安心安堵感、優しさを感じます。

人は皆人生の旅人。

月は今日も旅の道に明かりを灯してくれます。

電動式ベッド

 

 

入院中何かと役立っている電動式ベッドです。

上下、中央部から折れてリクライニング、下半身部分の上下等

電動で動きます。

固定装具を脱着するときには必ず、リクライニング状態(写真の状態)にして

行います。就寝中は固定装具を外しておきます。代わりに鞭打ち症のときにつける

カラーを付けて寝ます。

今回の手術は、前側喉の方から切っての頸椎の手術なので

切った顎下の傷口保護と、椎間板の代わりにチタンを埋め込んでいるため

2か月間は固定装具により首の安定が重要視されるところです。

左右に寝返りも打てず、頭部は横向きにならず常に天井を見た状態で寝ます。

このベッド、病院の患者用で敷きマットにはコイルスプリングなどなく、硬いマットです。

柔らかいマットは身体のもよくないのと、リクライニングには適しないのでしょう。

あと1か月半はこのベッドのお世話になります。

秋の朝日を浴びて

 

 

朝午前5時30分。私の病棟から見れる朝日です。

プレハブ型の住宅のはるか向こうに見えるのが夕張岳。

北海道の高山に生存するすべての高山植物が、この夕張岳に

生息するという話が最近の新聞の記事になっていました。

右の一番高い頂へ至る途中になだらかな湾曲した平らな部分があります。

通称「花畑」といわれるの湿地帯には様々な高山植物が、6月から7月にかけ

きれいな花を咲かせます。

緑と澄んだ水、その澄んだ池に映る青空が織りなす風景は

この世の楽園です。

 

毎朝、この病室の窓から上る太陽は、一日一日と秋の風情を感じさせ、

近日中には夕張岳山開きの期間も終了。

秋は深まり、街路樹の葉の色も紅色になりつつ

一年の速さに人生の儚さと喜びに戯れる私たちは

この世に何をするために生を受け、この世を去っていくのか。

人生の大事・・・。大事を見出すこと。

見いだせずに、秋は暮れゆく。

朝日だけが弱いながらも光を無償で与え続けています。

デザイン

 

 

 

普通の電卓ですがデザインが気に入ってここ2、3年使用しています。

「±0」というブランドメーカーですが、様々な目を引く優れたデザインの商品があり、

このメーカーのものは、この電卓のみしか使用していませんが、大変気に入っています。

デザインばかりではなく、機能性も良いです。

安い電卓はたくさんあります。

しかし、デザイン等気に入ったものを身に周りに置くことは

日々毎日のルーティーンにちょっとした安らぎと喜びを与えてくれます。

そんなに高価なものではないですが。

ちなみにこの電卓は「2007年度グッドデザイン受賞」をしている製品です。

リハビリ室

 

 

ここは病院3階にあるリハビリ室です。

入院生活も手術してから1カ月経過しようとしています。

ほとんど寝たきりで、特に抜糸まではトイレだけ。

抜糸後は少しずつですがリハビリが始まりました。

以前、このブログで紹介した「若きミュージッシャン」もこの3階で早朝

練習をしています。

昨日は、身体の調子も良かったので1時間近くリハビリ。

メニュー内容は、下半身の脆弱予防とさらに筋力増強のため歩行とエアロバイク。

下半身の柔軟性強化。歩行におけるバランス感覚、特に片足直立不動。

首の前後左右筋力UPトレーニング。主に上半身首以外のメニューが今のところ。

今月末あたりから上半身強化メニューが加わります。

体重4kg、胸囲(大胸筋)5cm、 僧帽筋2cm、腹直筋(ウエスト)3cm、上腕二頭筋4cm、

 三角筋2cm 腕とう骨筋2cm 大腿骨筋4cm、腓腹筋(ふくらはぎ)4cm 大殿筋3cm

この数値が痩せた筋力分です。筋力低下が著しので、退院後、

日常の生活支障がないことはもちろんですが、

入院前は毎日1時間弱の水泳、週末はダイビング、

2週間1回は2時間トレッキングをしていたので

少なくとも以前の体重と筋力に戻す目標でリハビリをしています。

今週のCD

 

 

サンタナの「Guitar Heaven: Greatest Guitar Classics of All Time」です。

最新作でカバーものですが、

カバーを超えたギターリスト・サンタナとしての情緒溢れる

ギターが堪能できます。もともとラテンリズム調のギターテクですが、

オリジナルのギターの音色テク、すべてにおいてサンタナというフィルターを通しての

新たなるギターの可能性が見え隠れします。

収録曲は

1. Whole Lotta Love (featuring Chris Cornell)
2. Can’t You Hear Me Knocking (featuring Scott Weiland)
3. Sunshine Of Your Love (featuring Rob Thomas)
4. While My Guitar Gently Weeps (featuring India.Arie & Yo-Yo Ma)
5. Photograph (featuring Chris Daughtry)
6. Back In Black (featuring Nas)
7. Riders On The Storm (featuring Chester Bennington & Ray Manzarek)
8. Smoke On The Water (featuring Jacoby Shaddix)
9. Dance The Night Away (featuring Pat Monahan)
10. Bang A Gong (featuring Gavin Rossdale)
11. Little Wing (featuring Joe Cocker)
12. I Ain’t Superstitious (featuring Jonny Lang)

 

 

 

 

 

となっていますが、個人的に気にったのは、#4と#11。

ボーカリストも曲に応じて友好関係が多いミュージッシャンを起用しているところも

聴きどころです。以前、愁傷にかられたときにオリジナルをよく聴いた#4は

当時の辛い悲しい感情が蘇ってきますが、今となっては若かりしき時。

今の季節には、別の意味で感慨深いものがあります。

JCの仲間たち

 

JCI 公益社団法人 日本青年会議所には

708のLOMといわれている各地青年会議所があります。

20歳から40歳まで所属でき、「明るい豊かな社会」の実現を理想として

「個人の修練、社会への奉仕、世界との友情」を基本姿勢におき、

事業を実施する過程でリーダーシップトレーニングを経験するための団体です。

2002年度の最終年度に、北海道地区道央ブロック協議会主催 

北海道の市町村を考えるシンポジウム「手と手とをつなぐ地域の力」

~活力ある地域創造をみんなで考えよう~を企画運営実施をしました。

その時の担当委員会名が「地域創造委員会」。

メンバーは、委員長の私のほか メンバー12名。

パネラーとして、当時のニセコ町長逢坂様、石狩市長田岡様、小樽商大教授相内様

ブロック会長の西川様をお招き、コーディネーターは私が務めさせていただきました。

その時の委員会メンバーであり、(社)栗山青年会議所のメンバーでありました

河〇修一君(幹事)と岡〇昌司君(部会長)が昨日、お見舞いに来ていただきました。

折角来て頂いたのに入院中なため何もおかまいできませんでしたが、

お二人が帰られてから、JCのこの事業のためにメンバー一丸となった

この2002年度のことを想い出し、お二人をはじめとするほかのメンバーたち

にも改めて感謝しました。

岡〇君は、伊藤君のHPのブログにも登場しておりますが、来月ご結婚されます。

心からご祝福させていただきます。残念ながら入院中なためご出席はできませんが、

これからもよろしくお願いいたします。ちなみに岡〇君は、この事業のほか同年6月には

千歳川を100人で川下りをする事業の部会長を担当して頂き、持ち前の行動力で

大成功。さらに河〇君は、不慣れな委員長の私をさまざまな場面でサポートして頂き

今更ながら感謝しています。

他のメンバー達もいつかまたお会いできる日を楽しみにしています。

 

JCで培った友情は私の大切な財産であり生きてきた証です。

 

『私の前にいつも燦然と輝き、そしていつも生きる喜びと情熱、

そして夢を与えてくれるのはJCの皆さんとの出逢い「邂逅」です』

物体X(3)

 

 

先日お見舞いに来て頂いた、シジ〇ちゃんからのプレゼントです。

ルービックキューブを想い出してしまいました。

変形型三角錐のピースが組み合わさって、

集合体としてこのような円形型の形状に完成します。

各ピースには磁石が内蔵されており、簡単に合体します。

意外と完成させるには難しく時間がかかりましたが

右手の痺れのリハビリには効果があります。

シジ〇ちゃん、ありがとうございます。

早く元気になりますからね。

PC無線

 

 

電話回線を使用しないでPCを無線で接続する方法は以前からありました。

ただ接続エリヤや感度等決して満足できるものではなかったのですが、

今回のauさんで発売したCDMA HID01という製品はかなりの優れものです。

au by KDDI 日立製作所の製品らしいですが月の定額料金で使い放題です。

今回、入院中なのでこの通信ディバイスのおかげで大変役立っています。

日本は、この分野での許認可の問題で世界に後れを取っています。

今後ITの世界戦略に対抗するためにも緩和処置や立法において

今後遅れを克服していかなければ覇権は取れず、技術は国外へ流出してしまうでしょう。

避けては通れない緊急を有する事態であると思います。