ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ

「アドフィット(大リーグ頸椎養成ギブス)」

 

頸椎の手術も終わり2週間が経過しました。

その間、歩行やエレベーターに乗ることもちろん運動や入浴も禁止でした。

私の手術は、頸椎の2番・3番の間、3番・4番の間、5番・6番の間に

それぞれ三ヵ所スペーサーの役割をするチタンを埋め込み、

本来あるはずの椎間板の代わりにすることで

クリアランスを保ち各神経の圧迫を回避しています。

手術前の症状の「左手の不動」「右手の痺れ(筆記用具も箸もスプーンも持てません)」

「両足指の痺れにより歩行困難」「視力の低下」「全身疲労による身体機能の低下」

「歩行時のバランスが取れず直進できない」「思考能力の低下」「記憶力の低下」

はもちろん、「眩暈・偏頭痛」「残尿感」等、頸椎症特有の症状が、

ほとんど改善しました。

まあ、ほとんどこの症状は、30年間近くヨガで身体の柔軟性を保つことで

血液や体液の流れを良くすることで自分で克服してきましたが、

一日でもヨガをしない日は上記の症状が顕著に表れます。

医者が云うには「血管と細胞が20代」であったからこそここまで持ったと。

現在は、頸椎のスペーサーとして組み込んだチタンが筋肉と骨と同化するまで

写真の装具「アドフィット」と呼ばれるものを寝るとき以外装着、

私は「大リーグ頸椎養成ギブス」と秘かに呼んでいますが

装脱着は自分ではできず、すべて看護師さんお世話になっています。

夜間トイレに行く時もこの養成ギブスを装着しないと行けません。

先日抜糸をしたので、これからリハビリが始まりますが、

手術したヵ所にも少々の負担をかけながら

筋力UPと血行・柔軟促進、頸椎以外の四肢・腹筋背筋力の回復と増進に努めます。

この養成ギブスは長期間装着時には、血行・柔軟不良にともなう肩こりが酷いので

睡眠時以外に約1時間は脱着して身体をベッドで休めます。

11月半ばまでの装着予定になりますが、リハビリにヨガと太極拳を取入れ

早期に退院する計画です。

若きミュージッシャン!

 

 

 

病院の3Fにはリハビリ室があります。

毎朝、このリハビリ室でフォークギターを弾きながらオリジナルを含め

未来のミュージッシャンを目指し練習を重ねているヤングマンがいます。

私の少し前に頸椎の手術を行い、装具も外す許可も出て、

現在リハビリを兼ねて演奏や発声の練習をこの3Fのリハビリ室で毎朝されています。

昼間は、病室でPCで曲作りをされているようです。

ギターリストにとって痺れのために指が動かなくなることは致命的でしょうが、

お聞きしたところ幼少のころから眩暈や偏頭痛に悩まされ、小学校時には

仮病ではないかと非難されたこともあったようです。

手術の結果、かなり改善したそうで、彼には是非将、来人の心を打つような

音楽をたくさんの人たちに聴かせてあげて欲しいと思います。

ハイトーンでレンジも広く声量もあります。

将来、ミュージッシャンとして活動している姿がその後ろ姿から浮かんできました。

病室からの夜明け

 

 

 

午前5時。病室からの朝の風景です。

夜が明けるのもめっきり遅くなり、朝日が上り、

当たりを照らす時間も短くなりつつあります。

入院のころはまだ残暑でエアコンが効いていましたが、先日暖房に変わりました。

手術から2週間。まだ抜糸はされていませんが、私の体は私が一番理解しています。

今は安静時期です。リハビリが始まるとかなりの速度で回復するはずです。

暑かった夏の朝も街路樹が色づき始め、セピア色へと変わりつつあります。

日々、一日一日と季節も変わり、私も昨日より確実に歳をとり、一生が過ぎていく。

時間に逆らうことはできませんし、あるいは過去に戻ることもできませんが

同じ時間を何倍にも有効利用できること。それはできるはずです。

日は上り、日はまた沈みます。

熱帯魚の鑑賞(4)

 

 

 

有名なクマノミ「カクレクマノミ」と「クレナイニセスズメ」です。

後者は、美しい紫一色で染め上げられた小型種で、その体形や色彩から

「パープルリップスティック」とも呼ばれています。

フィリピンから輸入されるが、近年その数が減少していてレッドブックにも載っている

絶滅危惧種になりそうな魚です。

前者は、ファインディング・ニモに登場した主人公のニモです。

サンゴ礁域のイソギンチャクと共生しています。

熱帯魚の鑑賞(3)

 

 

スズメダイ科の「シリキルリスズメダイ」です。

ひときわこのブルーの鮮やかな色がすぐに目に入ります。

個体数が一番多いいかな、6匹位います。

透明な水中を優雅に泳ぐ様を見ると心が和むのは、近年熱帯魚ブームであることが

分かる気がします。

病院のロビーに設置されているのも病気に直面した患者さんたちに生命の尊さ

美しさ、喜びをこのわずかな熱帯魚の鑑賞を通じて感じてもらうためでしょう。

美しいものは永遠ではありません。

やがてこうして見ている間でも枯れ死するべき運命にあるからこそ

今日一日を精一杯生きる行動が生まれてくるのです。

一日一日を価値あるものとして生きようではありませんか。

熱帯魚の鑑賞

 

 

私の入院する病院の待合室には大きな水槽に数種類の熱帯魚が飼育されています。

色とりどりの熱帯魚が、訪れる患者さんに安らぎと心地良さを与えてくれています。

写真の「キイロハギ」は沖縄久米島でダイビングしたときにサンゴ礁の中でよく見かけた

魚です。ダイビングには行けませんでしたが、美しい熱帯魚が気持ちよく泳ぐ姿に

ひと時の安堵感が感じられ来年は実物と戯れることを想像しています。

携帯マスコット

 

 

 

現在私の携帯電話に装着されているマスコットです。

革製でできていてキャバリアという犬です。

 

 

今年の7月に15年生きて臨終となりました。

名前は「キューピー」通称は「キューちゃん」でした。

家族の一人でしたので、いなくなると暫くは寂しいものでした。

その後すぐに母が1か月半入院。

その病院の売店で母が購入してプレゼントして頂いたものです。

非常に気に入って、いつも携帯につけてキューピーを想い出しています。

母が退院してすぐに今度は私が入院。退院するころは木枯しが吹く初冬。

しかしもっと早く退院できるはずです。なぜなら・・・

私の驚異的な(主治医によると20代の血管・細胞らしい)

回復力がそれを可能にするからです。

毎日、ヨガと太極拳で鍛えた身体です。復活までもう少しなはずです(ホントかな)

重宝しています

 

 

 

 

手術の後はしばらくシャワーやお風呂には入れません。

そんなときに役立つものがこの「水のいらないシャンプー」です。

けっこう役立ちます。

入院生活で一番の悩みは、普段から午前4時から午後11時までフル活動していたので

食欲がわかないことです。

しかし、手術で切った部分が再生するためには栄養が必要なので

できるだけ食べるようにしてますが、空腹でないので食べたくありません。

でも栄養士さんが素敵な人なので頑張ってみます。

これはなんでしょうか?(2)

 

 

 

 

手術後にこの「アドフィット」というプロテクターを上半身に装着します。

頸椎に埋め込んだチタンが骨と一体化するまでおよそ2か月間です。

寝るとき以外は装着も脱着も看護師さんの手助けが必要になります。

夜トイレに起きる時も看護師さんのお世話になり装着しないとベッドから

起きれません。またトイレから帰ってきてから脱着もお願いするのです。

しばらく不自由ですが、頸椎が固定するまでの期間

このアドフイットのお世話になるのです。

本日6時からオペの準備。全身麻酔がそのあと。

目覚めれば明日の16日昼ごろ。

では目覚めたら別人になりダイビングもスキーも水泳も登山も

夕張川なんでも探検隊活動もなんでもできます。

もちろん仕事もバリバリやります。それまで皆様にご迷惑をおかけしますので

よろしくお願いします。

これはなんでしょうか?

 

 

この器具は、玩具?透明な容器のシリンダーの中に

それぞれ色違いのボールが入っていて

左から600cc 900cc 1200ccとなっています。

青色のパイプが左から伸びていて末端には取入れ口(吸い口)があります。

 

 

 今度は各シリンダーのボールが3個とも上がっていますね。

 

全身麻酔をしたことがある方は見たことがあるかもしれませんね。

麻酔を吸うときに、練習用として肺の吸入力を平均化するために使うそうです。

簡単に言うと、呼吸の「吸う力」をあらかじめ練習しておくことで肺胞の隅々まで

麻酔が行き通るようにするための器具です。

 

 

吸入力が弱いと、上の写真のようにボールが3個とも上昇しません。

肺活量が少ない方は3個とも上げるには難しいのですが、

数回、練習していると全部のボールが上がるようになります。

 

麻酔が効果的に効くようにあらかじめ練習しておきなさいということです。

私はすぐできましたが、寝てやるのと起きてやるのでは勝手が違います。

寝てやるのは起きている時よりちょっと難しいですね。

ちなみに私の肺活量は4900ccでした。大人の平均値が3000ccらしいので

自慢できるそうです。看護師さんが驚いていました。