ブログ | 光立車輌商事からのメッセージ
現在位置
ホーム > 光立車輌商事株式会社ブログ > 神社巡り

‘神社巡り’ タグのついている投稿

由仁神社の杜

2010 年 9 月 5 日 日曜日

由仁神社の杜

 

 

 

由仁神社の境内以外の佇まいをご紹介します。

おみくじを引いた場合、持ち帰る場合と境内の御神木に結び付ていく場合があります。

御神木の枝が枯れたり折れたりするために、結び付る場所が設置されています。

また、馬のブロンズ像があります。私が幼いころからこの馬が既にありました。

小さい頃はこの馬にまたがった記憶があります。造形が見事な馬ですが、

古来より馬は神の使いであるとか、白い馬は高貴な身分所有であるとか

云われ続けてきました。車などなかった時代は貴重な移動手段でしたのでなおさらですね。

この神社の歴史は古く、鎮座100年を迎えたときの記念碑です。

手を清めるために水が置かれています。水は手だけでなく心も清めるものとして

古来より神社・仏閣になくてはならないものとして存在してきました。

由仁神社は100年を超え、これからもこの杜のある地域を鎮守していくでしょう。

由仁神社にある相撲土俵場 

2010 年 9 月 4 日 土曜日

由仁神社にある相撲土俵場

 

 

由仁神社の境内横には、相撲の土俵場があります。

 

土俵は、力士が入場の際柏手をうつなど神がいる場所とされてきたました。

相撲において古来相撲節会に土俵なるものはなく、鎌倉時代に土俵の起源ができ

江戸時代にはじめて「方屋開」を行なった土俵になり

明治に方屋の屋根を神明造りにしたのが現在の土俵です。

 

この土俵で、小学生のころはよく近所の年少年長の友人たちと相撲を取りました。

今ではもうしばし相撲を開催していない土俵です。

 

神社と相撲は日本古来より起源を同じくし、、相撲は国技として現在に至っていますが、

天照大神が相撲が強かったか否かは不明です。神様ですから強かったのでしょうね。

神社で見つけた昆虫

2010 年 9 月 3 日 金曜日

神社で見つけた昆虫

 

 

クルマトンボとアゲハ蝶です。

今朝の神社の境内で見つけました。

トンボが目につくようになり秋の風情が感じられます。

夏には花から花へと、飛び回っていたアゲハ蝶も心なしか羽が色褪せた感じです。

この神社の山にはたくさんの昆虫が生息しています。

小さな昆虫にも生命があります。

子供のころにはセミやキリギリス、クワガタムシを獲りによく来ました。

デパートで買うのではなく、見つけた時の驚きと喜び、そこに生息していることを

味わいたくて昆虫を探したと思います。

またその時には、生物の不思議さを同時に感じたものです。

絵馬への願い

2010 年 8 月 31 日 火曜日

絵馬への願い

 

 

 

由仁神社で奉納されている絵馬です。

多くの人たちが様々な思いをこの絵馬への願いとして掲げています。

合格祈願、家族の安全、就職祈願、誕生祈願等。

皆さんの願いが奉納された厳格で真摯な感じがする自然の溢れるこの杜には

神社にふさわしい毅然とした風格と佇まいがあります。

朝の参拝 由仁神社の杜

2010 年 8 月 17 日 火曜日

朝の参拝 由仁神社の杜

 

 

毎朝5時ごろに参拝している由仁神社です。

以前にもUPしましたが祠が素晴らしく撮影してみました。

なかなか風流があり、周りの山や自然と一体感のある良い神社です。

幼いころから虫取りや遊ぶ場所として何度訪れたことでしょうか。

今は健康のためと思索に耽る為に来ています。

季節と自然の織りなす業のなか神社はひっそりと佇んでいます。

一昨日終戦記念日でしたが、戦死者を慰霊することはもちろんです。(忠魂碑)

また、年末年始や「困った時の神頼み」で神聖な場所として訪れることももちろんです。

しかし、私には自然の一部としての存在、幼いころからの記憶や想い出がこの場所にあります。

何時までもこの場所にある、そんなところなのです。

由仁神社。自然の中の一部としてこれからもここにあり続けます。